工場の求人を雇用形態で選ぶメリット

工場勤務の雇用形態の種類

工場での働き方にはさまざまな種類があります。仕事の内容はもちろん、雇用形態にも違いがあり、応募する際はきちんと把握しておくことが大切です。

工場の求人の雇用形態には、正規雇用や非正規雇用と記載されていることがあります。正規雇用は会社から直接雇用される形になりフルタイムで契約期間が設けられていない働き方で、正社員に該当します。
非正規雇用は、正社員以外の雇用形態になり派遣社員や契約社員・期間工、パート・アルバイトといった働き方になります。派遣社員はフルタイムでの勤務が一般的ですが、派遣会社と雇用契約を結ぶ形になります。契約社員や期間工は働く期間が設けられている雇用形態になり、パートやアルバイトは時間帯や日数などが少ない働き方となります。

雇用形態別のメリット

工場で正社員として勤務した場合、安定した働き方ができるというメリットがあります。期間の定めもなく各種保険などの福利厚生がついており、一般的に月給制で交通費や賞与なども支給されることが多いです。また、昇進という形でキャリアアップもしやすいのが正社員のメリットだといえます。
契約社員・期間工は、期間が限定されているため、今後の目標が立てやすく比較的気持ちを楽に働くことができるというメリットがあります。次の仕事までの繋ぎとしてや、目標があり短期間でお金を貯めたいという方におすすめの働き方だといえます。特に期間工は、給与とは別に満了金などが設けられているため、短期間で高い収入を得られる可能性があります。

パート・アルバイト勤務は、正社員と違い勤務時間が短いため私生活と両立しやすいというメリットがあります。仕事内容も単純な場合が多く、未経験からでも挑戦しやすい働き方となっています。

物作り大国である日本の技術は世界でもトップクラスなので、いろいろな技術を取得しておけば、工場の転職もスムーズに行えます。