工場の求人を通勤時間で選ぶポイント

「通勤時間はできるだけ短く」が原則

工場での求人に限らず、通勤時間は短い方がおすすめです。通勤時間は勤務時間には含まれないものの、絶対必要になる拘束時間でもあります。単発ならいざ知らず、ある程度の期間働くのであれば通勤時間は短い方が生活にゆとりを持つことができるでしょう。通勤時間を考えるときは、工場周辺の環境にも目を配る必要があります。工場は郊外に建てられていることが多く、その場合住宅地から離れた場所にあったり、電車やバスといった公共交通手段が限られていることも珍しくありません。バス停はあるが本数が少ない、ということもよくあります。そのような場合自家用車やバイクで通勤することが可能なら、通勤時間を大きく短縮することができるでしょう。

着替えの時間を考慮しておこう

工場までの所要時間がはっきりしても、そこで油断してはいけません。頭に入れておきたいのが更衣時間です。工場勤務では従業員の安全のため、あるいは製品の品質管理のため作業着着用が義務付けられているところが多いです。基本的に始業前に着替えて始業と共に作業開始、というところが多いので、着替えの時間を考えておかなければならないのです。クリーンルームなど入室前に時間がかかることもあるので注意しておきましょう。また広大な敷地を持つ工場の場合、工場の入り口に着いてから実際の作業現場に行くまでにまた時間がかかる、というケースもよくあります。この場合も移動時間が余分にかかることになるので、構内バスの有無なども含めてよく確認しておきましょう。

派遣の仕事探しは複数の会社に登録し、並行する形で行うのが基本です。就労日数や時給、勤務スケジュールなど条件ごとの比較を効率的におこなうことができます。