工場の求人を通勤時間で選ぶメリット

通勤時間が短いとこんなメリットが

多くの職場では通勤時間を勤務時間とみなしてもらえません。通勤に2時間を要しても、2時間分の賃金が支給されるわけではないのです。通勤時間は自由時間でなく、いわば拘束時間になります。それにもかかわらず賃金が出ないので、通勤時間が長くなるほど損と考える人は少なくありません。当然ながら通勤時間が長いと、睡眠やプライベートの時間を減らすことにもなります。 そこで工場の求人を探すときは、通勤時間に着目してみましょう。通勤時間が2時間と30分では、後者のほうが精神的に楽だと感じる人が多いはずです。満員電車に長時間揺られるよりも、自宅から徒歩5分で行けるほうが気楽でしょう。通勤に時間をかけすぎると、職場に着いた時点で疲労を感じることにもなりかねません。

人によっては通勤時間が長いほうがいい場合も

一般的に通勤時間は短いほうが、睡眠やプライベートの時間を増やせるのでメリットがあります。一方で通勤時間がある程度長いほうがいいという人もいます。例えば、家のすぐ近くにある工場に働きに行く場合、気持ちの切り替えが難しいという人がいます。通勤にある程度時間をかけたほうが、気持ちを仕事モードに変えやすい人もいるのです。また職場との距離が近すぎると、運動不足を招きやすい問題もあります。工場の仕事は軽作業が多く、なかには手先を動かすのが中心の業務もあります。全身を動かすわけではないので、運動不足になりやすいのです。工場の求人を探すときは、自分の生活スタイルに合わせて通勤時間や距離を選ぶようにしてください。