工場の求人を雇用形態で選ぶデメリット

正規雇用・正規社員でのデメリット

正規雇用・正規社員の雇用形態は正社員のみが該当します。正規雇用・正規社員で働くことになると、フルタイム勤務になるのでプライベートを充実させたいと考えている人は両立が難しいと感じたり、育児や家事との両立が大変だと感じる人もいるでしょう。また、正規雇用・正規社員での雇用になると、転勤があることが考えられます。現在勤務している地域に住み続けたいと思い、家を建てるなど将来設計をしても転勤になる可能性があり、その場に定住したいと考えている人には不向きかもしれません。さらに、正規雇用・正規社員で長く働くと、昇格し役職に就くことがあります。昇給や責任ある仕事にやりがいを感じる人もいるかもしれませんが、その一方でその職務の重責に疲弊してしまう人もいるかもしれません。

非正規雇用・非正規社員でのデメリット

非正規雇用・非正規社員には、派遣社員や契約社員(期間工)、アルバイト・パートが該当します。非正規雇用・非正規社員での雇用の最大のデメリットは、契約期間終了後に契約期間が更新されず、安定して働けないことがあるということです。やっとの思いで仕事を覚えたとしても正規雇用とは違い、契約期間が更新されなければ働くことはできません。また賃金の面でも、賞与が支給されないことは珍しくなく、通勤交通費が支給されないこともあります。

非正規雇用・非正規社員では自分のライフスタイルにあった働き方ができる一方、安定した賃金で、雇用期間に定めなく安定して働きたいと考えている人にとっては、非正規雇用・非正規社員での雇用は不向きといえるでしょう。